マツコの知らない世界で紹介された読み聞かせ絵本8冊【1月22日】

おもちゃ
スポンサーリンク

2019年1月22日(火)放送のマツコの知らない世界にて『読み聞かせ絵本の世界』が紹介されました。

単純な絵本の紹介だけではなく、絵本の楽しみ方や補足情報などもあってとても面白かったです!その内容にマツコも納得…

今回はその番組内で紹介された絵本8冊をまとめていきますので、ぜひ絵本選びの参考にしてください☆

 

 

スポンサーリンク

 

自宅に1500冊の絵本を所有する主婦 内田さん

View this post on Instagram

 

さなえさん(@sanamasa1459)がシェアした投稿

なんと読み聞かせ絵本にハマって、自宅に1500冊もの絵本を所有する内田さん。

そのハマってしまった理由が、子供が苦手でどう接していいか分からなかった」ので子供と仲良くなるためのツールとして使ったのが始まりとのこと。

 

内田さんにとってはわが子とのコミュニケーションの方法として絵本が救世主になったようです。

 

 

そんな内田さんですが、絵本に自分なりの持論があるようで、まず1つ目が…

 

①絵本に教育を求めるな!絵本は子どもとただ楽しむもの

内田さんは「親は絵本に学びや道徳を求めたがるが、効果を期待しての絵本選びは間違っている」とおっしゃっています。

1500冊読んできた内田さん曰く、「絵本はしつけに効かない」と言われていました。

 

確かに絵本には「友達と仲良くしよう」「歯磨きしよう」「嫌いなものも食べよう」という教育系のものが多い印象。

しかし「子供が楽しめる」ことが第一で、効果を期待するのは二の次…

教育するよりも、子供と一緒に楽しみたいですね♪

 

 

そして2つ目が…

 

②読み聞かせに対する子供と大人の違い


しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
今回は『しろくまちゃんのほっとけーき』を題材に、読み聞かせに対する子供と大人の違いを教えてくれました。

 

その違いが…

 

  1. 大人は文字を追ってしまうから楽しめない
  2. 子供は声を聞き絵を見るから楽しめる

 

というもの。

『しろくまちゃんのほっとけーき』内でしろくまちゃんのエプロンの色が変化していたのですが、大人はそれに気付きにくいとのこと…

大人は文字を追ってしまい、絵には目がいきにくいので楽しめない。逆に子供は字が読めないので、声を聞いて絵をしっかり見るから楽しめるようです。

 

確かにこの絵本、私も持っているのですが今までこの変化に気付かず…

 

みやち
みやち

ちゃんと絵を見てないのが露見しました…笑

 

 

そして3つ目が…

 

③子供の記憶に残るのは『絵本読み聞かせ>料理・送り迎え』

子どもは毎日の料理・送り迎えよりも、読み聞かせの方が愛情を感じて記憶に残るというもの。

毎日子供のためを思って、料理したり送り迎えしてもなかなか愛情が伝わりにくいとのこと。それよりも寄り添って一緒に楽しむ読み聞かせは、愛情が伝わりやすく記憶に残りやすいんだとか。

 

まぁ、ここは賛否両論あるとは思いますが…これが内田流『絵本で子育て論』のようです。

 

スポンサーリンク

 

子供嫌いの内田さんを救った2冊の絵本

上記にもある通り子供が生まれるまでは子供嫌いだった内田さん。

その内田さんを救ってくれたという2冊の読み聞かせ絵本を紹介してくれました。

 

ごぶごぶ ごぼごぼ

落ち着きのない息子に読み聞かせた絵本

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)
 
内田さんが0歳児のときに出会ったという『ごぶごぶ ごぼごぼ』

 

読むと落ち着きのない子供が静かになるという魔法の絵本とのことで、会場などでザワついた子供たちが一斉に静かになったというエピソードもあるみたいです。

 

そしてなぜ子どもが静かになるか?

その秘密が、この絵本の作家である駒形克己さんのお子さんが「お腹の中にいた時に聞いた」という音を表したというもの。

 

『胎動音=聞き覚えのある音』のため聞き入ってしまうという。

内容はかなり短調で擬音が多いですが、絵がカラフルで子どもも認識しやすいみたいです。

初めての絵本にぴったりなので、出産祝いにもオススメです♪

 

created by Rinker
¥864 (2019/02/16 23:36:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

くだもの

手にとりたくなる!くだもの


くだもの (幼児絵本シリーズ)
 

内田さんが、絵本を見て笑うだけだった息子(2歳)に読み聞かせた絵本がこちら!

 

リアルな果物の絵が書かれたこちらは、「さぁどうぞ」の声とともにページが進んでいきます。

その声かけによって子供は実際に果物を取ろうとしたり、実際に食べようとしたり口をモグモグしたりします。

 

「見て楽しむ」ではなく、「アクションで楽しむ」絵本ということなんですね!

 

ちなみにこの作者・平山和子さんは、本物の果物に見えるように約4年もかけてこの絵本を完成させたというので驚き!

さらに果物には季節があるので、季節によって手渡す人の装いも変わっています。フォークの向きや位置まで計算され、子供が手にとりやすい工夫をしており、細部までこだわった絵本というのが伝わってきます…

 

created by Rinker
¥972 (2019/02/16 23:36:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

 

声を出して楽しめる読み聞かせ絵本4冊

内田さんは「子供にとって声こそが絵本の魅力」ということに気付いたそうです。

雑誌・小説・漫画などいろんな本があるが、声に出して読めるのは絵本だけ!そこに絵本の魅力を感じています。

そして今回は「声を出してこそ楽しい絵本」4冊を紹介してくれました☆

 

これは のみの ぴこ

反復する聞き心地が最高!


これはのみのぴこ
 
「これは のみの ぴこ」から物語がスタートし、続いて「これは のみの ぴこのすんでる ねこのごえもん」→「これは のみの ぴこのすんでる ねこのごえもんの しっぽをふんずけた あきらくん」→「これは のみの ぴこのすんでる ねこのごえもんの しっぽをふんずけた あきらくんの まんが よんでる おかあさん」

というような、どんどん登場人物が繋がっていくことを楽しむ絵本です。

 

この絵本のすごいところは「一緒に言ってね」と言わなくても、子どもたちが勝手に言葉を覚えて合唱してしまうところ!

作・谷川俊太郎さんは、聞き心地を大切にして絵本を作っているので自然と子供が覚えて反復してしまうようです。

 

created by Rinker
¥1,944 (2019/02/16 23:36:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

おいしいおと

食べ物を食べる音が描かれた絵本


おいしい おと (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
 
この絵本の最大の特徴は、一風変わった音の表現!

 

みやち
みやち

いきなりですが、ここでクイズです!
この音は何を食べているときの音でしょうか??

 

 

「ポホッ モワーン ムッチムッチムッチ」

 

 

正解は…??

 

 

みやち
みやち

ごはん(お米)を食べる音でした!

 

その他には「カコッ ホッ カルカルカル」は春巻きを食べる音など、かなり変わった音の表現をしています。

 

その理由は、文・三宮麻由子さんは幼い頃から目が不自由で、そのため耳で感じたリアルな音を表現しているようです。

さらに人が食べている音を表現したのではなく、自分が食べて耳に伝わる咀嚼音を表現しているのだとか!

 

 

スポンサーリンク

 

オニのサラリーマン

関西弁がクセになる!


オニのサラリーマン (日本傑作絵本シリーズ)
こちらは今注目されている、方言で描かれた絵本『オニのサラリーマン』です。

地獄勤めのオニのサラリーマンの話なのですが、サラリーマンの大変さ?のようなものが結構リアルに描かれています。

 

社会の厳しさが描かれているんですが、関西弁で表現されていることで柔らかく聞こえて子どもの耳にも馴染みやすいとのこと。

 

小さい子どもの頃は関西弁のリズムで楽しんで、少し大きくなったらストーリーで楽しめると思います♪

 

created by Rinker
¥1,512 (2019/02/16 23:36:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

パンツのはきかた

一緒に歌いたくなる!


パンツの はきかた (幼児絵本シリーズ)
女優の岸田今日子さんが作者で、親友の佐野洋子さんが絵を描いて完成させたこちらの絵本。

 

『歌絵本』といって注目されているジャンルらしく、歌が苦手な大人でも絵本を通じて歌うことができ、子どもにも大人気とのこと!

この絵本はブタさんがパンツを履いていく過程を描いているのですが、最後にクスッと笑ってしまうオチが…

 

みやち
みやち

ここは買ってからのお楽しみということで!笑

 

created by Rinker
¥972 (2019/02/16 23:36:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

大人も読んでほしい心に残る1冊

これまで1500冊以上の絵本を読み聞かせてきた内田さん。

そんな彼女がもっともオススメする「大人も泣いてしまう、絶対に読み聞かせて欲しい絵本」を紹介!!

あなたがとってもかわいい


あなたがとってもかわいい
内田さんが、小学校の卒業式前夜に読み聞かせたこの絵本。

 

赤ちゃんだった子供への「赤ちゃんってかわいいよね」という気持ちから、成長して大きくなっても「そのかわいいという気持ちはちっとも変わっていないよ」という、子を想う親の普遍的な愛を描いた絵本となっています。

 

一番のポイントは「愛情は赤ちゃんの頃からずっと変わってないよ」というところ。

その愛情を子供に伝えることができる絵本となっています。

 

 

みやち
みやち

愛情をダイレクトに伝えるのもいいですが、絵本を通してワンクッションおくのもいいかもしれませんね!

 

内田さんはこれが、子供に読み聞かせた最後の絵本だったようです。

 

なんだか感動…

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、

  1. しろくまちゃんのほっとけーき
  2. ごぶごぶ ごぼごぼ
  3. くだもの
  4. これは のみの ぴこ
  5. おいしいおと
  6. オニのサラリーマン
  7. パンツのはきかた
  8. あなたがとってもかわいい

の8冊が紹介されました!

 

みなさん知っている絵本はありましたか??

私は「しろくまちゃん」と「ごぶごぶ ごぼごぼ」だけでしたね…

 

何冊か気になったものもあったので、早速買ってみようと思います!

みなさんもぜひ内田さんのオススメ絵本を参考に、絵本を買ってみてくださいね☆

 

みやち
みやち

ではでは!

 

コメント