【2019最新】Amazon Kindleで簡単に絵本を出版!電子書籍の販売方法

【2019最新】Amazon Kindleで簡単に絵本を出版!電子書籍の販売方法 絵本
スポンサーリンク

 

みやち
みやち

どうも!みやち(@miyachi1015)です!

 

最近iPadを購入し、絵を描くことが趣味になっているのですが、その中で「絵本を出版してみたいな〜」と思うように。

ただ実際に本を刷って販売するのは初期費用が高く、売れなかった時のデメリットがすごい…それならば初期費用0の「電子書籍で絵本を出版してみよう!」と思いました。

 

一応出版する際にKindleで絵本を出版する方法のブログを何個か参考にしたのですが、みなさんが使っている『Kindle Kids Book Creator』では言語の設定がうまくいきません。

色々試したところ、『Kindle Comic Creator』がベストという結果に。(ほんとここが難関だったので私の方法で出版することをオススメします)

 

で、実際にAmazon Kindleに電子書籍で絵本を出版したのですが、これがかなり簡単。早ければ1日で販売できちゃいます。

ということで今回はより簡単な『Kindle Comic Creator』を使用した出版方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください☆

ちなみに販売ページはこんな感じになります。

みやち作『おんぶとだっこ』

 

スポンサーリンク

 

 

Amazon Kindle絵本出版の流れ

まずは簡単に絵本出版までの流れを紹介します。

  1. Amazonアカウントの取得・KDPへの登録
    Amazonアカウントを取得し、KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)のサイトに登録する
  2. ソフトのダウンロード
    Kindle Comic Creator、Kindle Previewerをダウンロードする
  3. 電子書籍のデータ作成
    ダウンロードしたKindle Comic Creatorでデータを作成する
  4. 出版申請
    必要事項の記入・絵本データのアップロードをし、申請する
  5. 出版審査
    審査を通過すれば72時間以内にAmazonより出版

「横文字が多くて難しそう」と思われる方もいるかと思いますが、これが意外と簡単。

私もはじめてやって1時間くらいでできました。

パソコンにあまり詳しくない方でも、この記事を見ながら進めれば1時間もあれば④の出版申請までいけますよ!

 

ちなみに絵本の原稿はできている前提で流れを説明します。

絵本は手書きでパソコンに取り込んでもいいですし、iPadなどデジタルで描いても構いません。文字も手書きや画像編集ソフトなどで入れて作成してください。

 

みやち
みやち

本のページサイズは『800×1280px』が丁度いいので、その比率で作成を!

 

スポンサーリンク

 

Amazonアカウントの取得・KDPへの登録

AmazonでKindleの電子書籍を出版するには、『Amazonアカウントの取得』と『KDPへの登録』が必要となります。

Amazonアカウントの取得

ということで、まずはAmazonでアカウントを取得しましょう!プライム会員になる必要はないので、無料会員ではじめましょう。もちろん既にアカウントを持っている人は取得しなくてOKです。

 

KDPへの登録

Amazonアカウントの取得ができたら、次にKDPの登録を行います。

名前や住所などの必要事項を記入するのですが、税金設定や税務情報に関しての書類への記入方法が少し厄介…

ここが一番の挫折ポイントになるのですが、KDPへの登録方法を分かりやすくまとめてくれている記事があるので、ぜひ参考にしてください☆これを見れば迷うことなく進められますよ!

 

 

ソフトのダウンロード

KDPで絵本を出版するには公式ソフトである『Kindle Comic Creator』を使用します。(Mac用・Windows用があるのでご注意を!)

『Kindle Previewer 付き』と『Kindle Previewer なし』が選べると思うのですが、『Kindle Previewer 付き』をダウンロードしてください。『Kindle Previewer 付き』は、アップロードしたデータがどのように表示されるかを出版する前に確認できるソフトです。

 

▶︎Kindle Comic Creatorのダウンロードはこちら

 

ちなみに他のサイトやAmazonでは『Kindle Kids Book Creator』の使用を推奨しているのですが、そのソフトを使うと言語設定がうまくいきません。

簡単に言うとソフト内に絵本の言語設定で「日本語」を選択する項目がなく、KDPでのデータアップロード時にエラーになってしまいます。さらに上手くいったとしても絵本が「外国語」で販売されてしまい、見てほしい方に届かない可能性がたかくなってしまいます。

 

なので、私が紹介した『Kindle Comic Creator』を使用してください。

 

スポンサーリンク

 

電子書籍のデータ作成

上記にてダウンロードした『Kindle Comic Creator』で電子書籍のデータを作っていきます。

データを作ると言えば難しく感じるかと思いますが、画像データをアップして保存するだけなのですごく簡単!

 

 

みやち
みやち

ということで早速ソフトを立ち上げてみましょう!

 

①新しい本を作成

絵本電子書籍のデータ作成1

 

『新しい本を作成』を選択します。

 

②本の情報を入力

絵本電子書籍のデータ作成2

 

本の情報を入力します。上から

  1. 言語選択
    「日本語」を選択
  2. パネルビュー作成
    「いいえ」を選択
  3. 本の組方向
    自分の絵本の向きに合わせて選択してください。「アンロック」は、縦横どちらにも対応した読み方です。項目横の『?』を押すと詳しい説明を見ることができます
  4. 本のページ進行方向
    好きな方向を選んでください。
  5. 本のページサイズ
    ここは触らなくてOK。このサイズでデータを作るのが最善かと

 

 

絵本電子書籍のデータ作成3

 

次にタイトルや著者を入力します。出版社は必須項目ではないので、個人事業主や会社でない限りは未記入にしましょう。

またこちらでカバー画像を選択します。絵本の表紙になる画像を作っておき、こちらにアップロードしてください。

データの保存場所を決めて、右下の「ページの追加を開始」を選択します。

 

スポンサーリンク

 

ページの追加

絵本電子書籍のデータ作成4

 

左上の「+ページを追加」でページを追加していきます。作った絵本の原稿をアップロードしていってください。上から順番に1、2、3ページとなります。

ちなみにいらないページを選択して「ーページを削除」を選択すれば、ページを消すことができます。

 

データの保存

絵本電子書籍のデータ作成5

 

左上の「ファイル」から、「KF8データとしてエクスポート」を選択。

これで絵本のデータが保存されます。

 

スポンサーリンク

 

KDPへ出版申請方法

Kindle KDPのサイトに、作成した絵本データの出版申請手続きを行います。

 

タイトルの新規作成

KDPへ出版申請方法1

 

まずは「本棚」から、「電子書籍または有料マンガ」を選択します。

ちなみに右の「無料マンガ」を選択すると、価格設定なしの無料配布用の絵本を作成することができます。「自分の絵本を多くの人に見てほしいからお金なんていらない!」って方は、こちらを選びましょう。

 

本の詳細情報

KDPへ出版申請方法2

 

本の詳細情報を入力していきます。フリガナとローマ字入力をしなくてはいけないので注意してください。

 

KDPへ出版申請方法3

 

出版に関しての必要な権利の項目では、「私は著作権者であり、出版に関しての必要な権利を保有しています」にチェックをしてください。

ここ重要なのでお忘れなく!

その他では「キーワード」を設定し、「カテゴリー」も選びましょう。絵本のカテゴリーは見つけづらいですが、「青年向けフィクション」に「絵本」の項目がありますよ!

 

項目を全て埋めたら、一番下の『保存して続行』を選択。

 

本のコンテンツを登録

『Kindle Comic Creator』で作成した電子書籍のデータを登録します。

KDPへ出版申請方法4

 

デジタル著作権管理についてDRMを有効にしておいた方がいいでしょう。

ただ「お金はいらないから、色々な人に拡散してほしい」という意図がある場合は無効にするのもありです。その場合は著作権が管理されないので、不正にダウンロードされたり複製される可能性があるので覚えておきましょう。

 

『電子書籍の原稿をアップロード』から作成した原稿をアップロードしてください。

その次に本の表紙を登録。

 

全て入力できたら、一番下の「保存して続行」から最後のページへいきます。

 

スポンサーリンク

 

絵本の価格設定

KDPへ出版申請方法6

 

ここでは絵本の価格設定をしていきます。

 

まず一番上の「KDPセレクト」に本を登録にチェックを入れます。「KDPセレクト」は新規読者の獲得・売り上げの促進・販売機会の拡大に役立つので、大きな理由がない限りはチェックしておくのがベスト。

ただし別のサイトで販売したり、配布する場合は「KDPセレクト」を選択することがNGなので注意してください。

 

次にロイヤリティを設定します。

ロイヤリティとは、あなたに入る利益率のことで35%と70%から選択できます。価格設定は35%なら99円〜20,000円以内、70%の場合は(Amazonのみで販売)250円〜1,250円の設定になります。

例としてロイヤリティ35%で1000円で本を売れば、1000円の35%『350円』があなたの利益となります。ロイヤリティ70%で1000円で本を売れば、1000円の70%『700円』があなたの利益となります。

 

ちなみに絵本はKindleで100円で販売されているものも多く、高額で販売するのは売れないかな…。安く売るなら35%、ページ数が多くて教育にも役立つものなら70%で高額にするかなー?と。

 

みやち
みやち

ここは他の絵本作家さんの作品を参考に価格を決定していきましょう!

 

KDPへ出版申請方法7

 

あとは希望小売価格の入力ですが、主なマーケットプレイスを『Amazon.co.jp』にしてください。これが日本のAmazonのURLです。他のものを選んでしまうと、海外がメインで販売されるので日本で発見されにくくなります。

 

絵本の出版

 

この項目も全て入力したら、ついに本の出版です!

ページ下部の『Kindle本を出版』をクリックしましょう!!

 

みやち
みやち

これから審査が始まり、審査に通過すれば72時間以内にAmazonにて出版されます。

 

みやち作『おんぶとだっこ』

※通常価格は99円ですが、8/1〜8/5までは期間限定で無料配布となっています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回はAmazon Kindleで絵本の出版方法を紹介していきました。

難しそうですが、やってみると意外と簡単に電子書籍を販売することができます。

 

価格設定や宣伝方法が難しいですが、自分のオリジナル絵本がAmazonに並んでいるのを見るのはかなり嬉しい…!

その他では、子供が書いた絵を絵本にして販売するのも面白いかな〜と。お子さまも自分の絵本が販売されているのを見たらきっと喜びますよ☆

 

そしてKindleで有名になればいずれは絵本作家にも…!?

ってかなりの宣伝と実力が必要だとは思いますが、そういった夢があるのもいいですね♪

 

絵心がなくても関係なし!

ぜひ皆さんもオリジナル絵本を作って見てください☆

 

みやち
みやち

ではでは!

 

コメント