赤ちゃんの悩み:夜中の授乳は歯磨きできないから虫歯になる?

赤ちゃんの悩み:夜中の授乳は歯磨きできないから虫歯になる? 子供の病気
スポンサーリンク

 

おっぱいやミルクは甘いから虫歯になりやすいと聞いたけど、夜中の授乳は起こして歯磨きするわけにはいかないでしょ?虫歯が心配で…

 

みやち
みやち

結論から言うと、歯垢がなければおっぱいやミルクでは虫歯にならないよ!

 

歯垢がなければ大丈夫!

赤ちゃんの歯磨き何歳から?

赤ちゃんの歯はだいたい4〜7ヶ月ごろから生えてきます。

わが家は4ヶ月から生えはじめてとっても嬉しかったのですが、それと同時に虫歯が心配に…

 

「おっぱい・ミルクでも虫歯になるから」と聞いていたのですが、やはり夜間は子供を起こしてまで歯磨きするわけにはいかず心配していました。

 

そしてある日、歯医者さんで聞いてみると意外な答えが。。

 

おっぱいやミルクに含まれる乳糖は、歯垢に反応して酸を出して虫歯の原因になるよ!でも歯磨きがちゃんとできていて、歯垢がなければ虫歯の原因にはならないから安心して〜

 

どうやら、歯垢(プラーク)がついているとそれに乳糖が反応して虫歯ができるみたい。

と言うことは、寝る前の歯磨きがちゃんとできていて歯垢がなければ心配しなくても大丈夫とのこと。

 

スポンサーリンク

 

予防について

哺乳ビンでミルク以外の甘い飲み物を飲むと、上の歯の頬側に飲み物がたまり、「ボトルカリエス(哺乳瓶う蝕)」という虫歯ができやすくなります。

ミルク以外の飲み物を与えることが多い時期になってきたら、ジュースなど砂糖の入った飲み物を哺乳ビンで飲ませることはなるべく控えるようにしましょう!どうしても哺乳ビンが必要な場合は、中味をお茶にするなどして、徐々にコップから水分を取れるように習慣づけることが大切です。

 

離乳食が始まって、ご飯や甘いものを食べるようになってきたら、食後や寝る前には歯をキレイに磨いてから寝るようにしましょう!

歯磨きをした後〜寝るまではジュースなどの甘い飲み物は虫歯の原因になるので、寝る前は哺乳瓶にはミルク・お茶を入れた方がいいですね。

 

ままち
ままち

「寝る前に歯垢をちゃんと取る」「哺乳瓶でジュースを飲まない」「歯磨き後はジュース禁止」ってことだね!

 

因みに乳歯の前歯が生えたら歯医者に行くことをオススメします!

歯の状態を見てもらったり、フッ素を塗ってもらいましょう。フッ素は歯を強くする効果があり、1年に3〜4回塗って貰えば虫歯になりにくくなりますよ☆

 

 

歯磨きのステップ

歯磨きは初めの1本が生えてからする必要があります。

ただ初めから歯ブラシを使用すると赤ちゃんもびっくりしちゃうので、ステップをふむ方が大人・子供ともに負担がなくていいですよ♪

 

4ヶ月ごろから

created by Rinker
コンビ(Combi)
¥762(2019/05/22 09:48:50時点 Amazon調べ-詳細)

まずは歯がためから始めましょう!

赤ちゃんは歯が生え始めると、歯茎がムズムズして機嫌が悪くなることがしばしば…

そんな時に便利なのが歯固めです。ムズムズを抑えてくれるとともに、歯ブラシへの移行もスムーズにできますよ☆

 

5ヶ月ごろから

少しだけ歯ブラシ型に近づけて、ステップアップしましょう!

万が一赤ちゃんが転んだ時にも、喉の奥に歯がためがいかないようにリングがついているものがオススメです。

 

6〜9ヶ月ごろから

歯が1本でも生えたら、歯磨きスタートの合図!

この乳児ブラシセットなら、歯の生え始めからステップアップに合わせて使える毛先になっているので、とっても便利。

さらにリングつきなので、0才から「自分で磨く」を習慣つけれます。

 

たまに指やガーゼで歯磨きをしている親御さんがいますが、できれば初めから歯ブラシを使ってあげてくださいね♪

 

まとめ

今回は「夜中の授乳は歯磨きできないから虫歯になる?」と言う疑問についてまとめていきました!

注意点は、

  1. 歯垢がなければおっぱい・ミルクは大丈夫
  2. 1本から歯みがきは必須
  3. 歯みがきで歯垢をしっかり取る
  4. 哺乳瓶ではなるべくジュースを飲まないようにする
  5. 寝る前の歯みがき後はジュース禁止
  6. 前歯が生えたらフッ素で歯を強くする

これを守れば、歯をキレイに保てます!

寝る前にしっかり歯赤をとれば、おっぱい・ミルクでは虫歯にならないので歯磨きはしっかり丁寧にしましょうね☆

始めは嫌がると思いますが、徐々にステップすれば赤ちゃんも慣れてきますよ!

 

みやち
みやち

うちも始めは大変だったな…汗

 

ってことで今日はここまで!

みんなもしっかり磨いて、虫歯には気を付けようね。もちろん定期的に歯医者に行って、歯の状態を見てもらったり、フッ素を塗ってもらってね!

 

みやち
みやち

ではでは!

 

コメント