100均の材料でバスボールの作り方!簡単で安全な作り方とは?

ママ•パパ向け情報
スポンサーリンク

どうも!

みやち(@miyachi1015)です!

 

最近わが子がバスボール(バスボム)にハマってしまい、おもちゃ屋でしょっちゅうねだられるように…

でもあれって結構高いんですよね!だいたい1個400円

毎日なんて、そんなブルジョワな使い方わが家にはできません。笑

 

みなさんの中には「まぁ400円だから」と定期的に買ってしまって、結構お金を使っている人は多いのではないでしょうか?

でも実はバスボール(バスボム)って自分で簡単に作れるんです!

 

しかも1個20円くらいで!!

 

かなり節約になる自作バスボール(バスボム)、今回は作り方や材料・保存方法をご紹介していきます!

全て多少口に入っても安全な材料で作られていますし、3歳くらいの子なら一緒に作ることができるので、ぜひ参考にしてくださいね☆

 

 

スポンサーリンク

 

バスボールの材料

バスボールの素材はこちらの3つ!もちろん全て100均で揃います。(わが家はダイソーにて購入)

  1. 重曹
  2. クエン酸
  3. 片栗粉

 

重曹・クエン酸・片栗粉の3つだけなので300円(+税)なのが嬉しいね!

 

100均のクエン酸は業務用ですが、食用と純度はほぼ変わりません。(0.5%程度)ただ製造工程が食用に作られていないので、そのまま食用として使うのはNG。

でもお風呂で溶かして使うなら大量に飲むことはありませんので、誤まって口に入るくらいならもちろん安全!

販売されているバスボムも食用の素材なんて使われていないですし、同等以上の安全性はありますよ!

 

ただしどうしても気になる方は、食用のクエン酸を揃えましょう!

 

created by Rinker
PAX(パックス)
¥548(2019/07/20 00:42:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

オススメの型


17 アンパンマン おむすび型 2353741 
びっくらたまごに近づけるためには、キャラクターの型を使うのがオススメ!

私はお弁当用のアンパンマンの型を使いました(100均には売ってません)が、セリアなどで販売されている動物のシリコン型を使うのもありですね☆

 

アンパンマンやドラえもんなどの型は、アカチャンホンポなどで購入可能。お弁当用やおかし作り用の、型から取り出しやすそうなものにしましょう!

ガチャのカプセルを使って丸いバスボムも作れるようなのですが、割れてしまうことが非常に多いので初心者にはオススメしません。はじめはこういった型を使って作って見ましょう!

 

created by Rinker
バンダイ
¥430(2019/07/20 04:49:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

あると嬉しい材料

バスボムと言えばおもちゃ!おもちゃが出てこないと残念がる子供は多いはず…

もちろんこれも100均(ダイソー)で揃えちゃいましょう!

 

このカプセルですが、なんと水の中に入れるとカプセルが溶けて中からスポンジが出てきます!

 

 

詳しくは後の動画で紹介しますが、スポンジが水を吸って大きくなって乗り物や動物の形になるんです。結構クオリティも高く、子供も大喜びなので入れちゃいましょう!

もちろんこれじゃなくても、市販のバスボムから出てきたフィギュアを再利用してもいいですね♪

 

さらにあった方がいいのが着色料!

これがないと無色のバスボムになってしまいます。。

 

食用の食紅、もしくは色のついた入浴剤を使用します。どちらでもいいのですが、幼児の場合は食紅を使った方がより安全性が高いかなと思います。

 

スポンサーリンク

 

バスボムの超簡単な作り方!

バスボールは乾燥時間を合わせてたったの2時間!

今回はアンパンマンの型を使うので、バスボール3個分の分量で作っていきます。

 

まずボールなどに下記の分量を混ぜます。

  1. 重曹…大さじ6
  2. クエン酸…大さじ3
  3. 片栗粉…大さじ3

 

みやち
みやち

2:1:1で覚えてください☆

 

バスボムの作り方1

 

食紅や入浴剤を入れるなら、このタイミングで混ぜます。

食紅は適量(色がつくくらい)

入浴剤は大さじ3入れます。

上記と入浴剤の分量は、2:1:1:1になります。

 

バスボムの作り方2

 

続いて水を混ぜていきます。

霧吹きがあると便利なので、これも100均で購入しておくのがオススメ!

 

 

霧吹きで1〜2プッシュ、少しずつ水を混ぜていきます。

これは感覚なので文章で説明するのは難しいのですが、スプーンなどでギュッと押して塊ができるくらいがちょうどいいです。

 

バスボムの作り方3

 

水が少なすぎるとまとまらないし、水が多すぎると泡が出てきて固まりにくくなります。

ここは数回作ってベストな水分量を見極めてください!

 

みやち
みやち

続いて型に入れていきましょう!

 

バスボール作り方4

 

型に半分入れたところで、100均(ダイソー)で買ったスポンジのカプセルを入れましょう!

そしてさらに上からバスボムの元を入れて、ギュッギュッと詰めていきます。

 

バスボール作り方5

 

ゆっくりと型から外して〜

 

(色的に顔が分かりずらいのが残念…)

 

みやち
みやち

完成!!

 

バスボムの水分量や気温・湿度によって待ち時間は変わりますが、最低で2時間は待ちましょう!

これより少ないと型から外すときに水分が残っており、ボロボロと崩れてしまう可能性があります。

 

作り方まとめ

  1. 重曹・クエン酸・片栗粉・入浴剤を2:1:1:1で混ぜる
  2. 水を霧吹きで少しずつ混ぜる
  3. 型に入れる
  4. 2時間待つ

 

たったこれだけ!?これなら子供と一緒に作れそう♪

 

作り方の注意点

  1. 分量を守る
    分量通りに作らないとちゃんと固まらないことがある他、入浴剤を多く入れすぎると匂いがきつくなりすぎます。分量は守ることが上手に作れる秘訣です。
  2. 水を入れすぎない
    水を入れすぎるとドロドロになって固まりにくくなります。必ず霧吹きで少しずつ入れましょう!
  3. 型に入れすぎない
    今回僕が使ったような型ならいっぱいいっぱいまで入れても大丈夫なのですが、ガチャのカプセルのように上下でくっつけて丸い形にするような型は入れすぎ注意です!入れすぎると形が崩れてしまったり割れたりします。
  4. 作るまでの時間をあけすぎない
    バスボムの元を作ってから型に入れるまでに時間がかかると、水分がなくなって形成できなくなります。はじめは今回くらいの量で作って、慣れたら1度に作る量を増やしていきましょう!
  5. 型から外す時は注意
    シリコン型なら簡単に外すことができるのですが、プラスチックの型は少しコツや力がいります。子供が手伝うときは手を怪我しないように注意してください
  6. 型は専用として使う
    プラスチックやシリコンはどうしても匂いがうつってしまいます。
    入浴剤を使うときはバスボム専用の型になるということを理解して使ってください。バスボムを作った後にお弁当用に使うと、食品に入浴剤の匂いがうつります!

 

スポンサーリンク

 

使ってみた感想

まずは実際に使ってみた動画をご覧ください。

中からカプセルが出てくるをわかりやすくするために、無色のバスボムを使っています!

 

倍速にしているので分かりにくいですが、ブクブクは約2分続いています。

そこからカプセルが出てきて、カプセルからスポンジが出るまでに約2分ほどかかっています。

お湯でやるともっと早くカプセルが溶けるみたいですが、カプセルは小さいのでお子さんが誤まって口に入れたりしないように親御さんがしっかり見ていてあげてくださいね♪

 

お風呂で使ってみた感想は、お湯だとやはりシュワシュワは1分程度しかもたず、市販のものと比べてシュワシュワは弱い感じですね。あとは無色のまま使うと少し片栗粉の匂いが気になります。

ただ、子供はシュワシュワよりも中のおもちゃが出てくるのが楽しいようなので、そこまで気にしなくてもいいかなというのが率直な感想。

 

みやち
みやち

実際にお風呂で遊ぶと子供は大喜びでしたよ☆

 

スポンサーリンク

 

バスボムの保存方法

バスボムはそのまま保存していると、どんどん乾燥して5日ほどでひび割れてきます。

さらに匂いもあるので、ラップに包んで保存するのがベスト!

 

フリーザーバッグがある場合は、さらにそれに入れておくのがオススメです!

 

 

これでだいたい2週間ほどは保存可能です!

気温や湿度によっても変わるので、あくまで目安とお考えください。

 

最後に

今回は格安で作れる自作バスボール(バスボム)の作り方を紹介しました☆

かなり簡単に作れて、体にも優しい素材なので子供と一緒に作るのにもオススメ!

自宅用だけでなく、お友達にプレゼントしたり、型をキャラものにしなければ園のバザーなんかでも販売できます。

 

とーっても簡単なので、ぜひ一度作って見てくださいね♪

 

みやち
みやち

ではでは!

 

 

コメント